« セルフパワーUSBハブ | トップページ | 30万点のデータのグラフ化 »

2011年7月22日 (金)

Lion

OS X LionをMacBook Pro 13"(2009)にインストールした。

常用の内蔵ディスクではなくて、内蔵ディスクのメンテナンス用に用意してある外部ディスクに、だけど。SnowLeopard 10.6.8への上書きインストール。

一番心配だったのが、プリンタの対応。HP Photosmart 2710は、SnowLeopardと同様にプリントとスキャンをすることができた。

USBオーディオインターフェースのM-AUDIO Transit USBはSnowLeopard用ドライバ1.8.1で使用可能(少なくとも音は出た・・・音の入力には使っていないので、そちらは不明)。

PowerPCのソフトが使えなくなったのは、巷でも言われている通り。

メジャーなソフトはこちらで確認できるとして、私が使っているマイナーなソフトの対応状況は以下のとおり。

ひるの歌謡曲 2.60:起動を確認(録音・編集作業は未実施)
Jedit X 1.47:起動を確認(編集は未実施)
iTunes LAME 2.0.9.34:iTunes 10.4のAppleScriptメニューからの起動を確認(取り込みは未実施)
lame 3.98.4:iTunes LAMEで使っているものだけど、こちらで配布しているPPC最適化ユニバーサルバイナリ版。起動を確認(引数なしの起動でusageの表示を確認、変換は未実施)

|

« セルフパワーUSBハブ | トップページ | 30万点のデータのグラフ化 »

Mac OS X」カテゴリの記事

コメント

iTunes LAMEは起動は出来ますが、取り込もうとすると取り込めないと思います。少なくとも私のMac miniではそうでした。それでSnow Leopardに戻してしまいましたが、それではiCloudに対応出来ないので今苦悩しています。

投稿: hiromits | 2011年10月31日 (月) 22時42分

hiromitsさんこんにちは。コメント有難うございます。

今試してみたら、読み込めるCDと読み込めないCDがありました。

読み込めるCDでは、iTunes-LAMEの設定でCDをハードディスクにキャッシュするにチェックをいれていないときは読み込みがものすごく遅く、チェックを入れておくと普通の速度で読み込めていました。

1年前に、CDDBから取得したCD名が長いものはiTune-LAMEで取り込めないということがあり(http://starfleet.txt-nifty.com/blog/2010/11/itunes-lame-209.html#comments)、今回同じCDが相変わらず読み込めないことを確認しました (^_^;) iTunesでAIFFで取り込み、取り込んだファイルをiTune-LAMEで変換するのは問題なく出来ました。

hiromitsさんが取り込めなかったCDはタイトルが長くありませんか?

私は最近CDは全然買っていなくて、FMラジオを取り込んだデータの変換ばかりしています・・・ (^_^;)

投稿: yish | 2011年11月 1日 (火) 05時35分

「読み込めるCDと読み込めないCDがありました」という言葉に勇気(?)を得て、今日再度Snow LeopardからLionにアップデートしてみました。結果、どういう訳か、今回は読み込める様になりました。ウチはあまりハードディスクキャッシュはスピードに影響しないですね。総じて遅いです。(まぁ、これは前からそうなので問題無し) 長いタイトルの曲も今のところ読み込めています。

投稿: hiromits | 2011年11月 2日 (水) 23時54分

読み込めないCDのタイトルについて少し調べたので別記事に書きました。

iTunes-LAMEに内蔵されたLAMEはバージョンが古いし速度も遅いので、Altivec/SSE最適化版のLAMEを使うと速くなりますよ。LionでiTune-LAMEの内蔵LAMEは動かないと思うので、intel版のバイナリをすでにお使いだとは思いますが・・・。

投稿: yish | 2011年11月 3日 (木) 08時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Lion:

« セルフパワーUSBハブ | トップページ | 30万点のデータのグラフ化 »