« 最近あったアップデート | トップページ | InternetExplorer8がデータ実行防止に引っかかる »

2011年4月 2日 (土)

TimeMachine

MacBook Proの予備ディスクとして80GBの外部HDDにシステムを入れてあり、ついでに文書類のバックアップもこのディスクにとっていた(iBackup使用)。しかしiTunes Libraryが60GB超になり、このディスクの空きが5GBを切るようになってしまった。

そこで640GBの外部HDDを買ってきて、TimeMachine専用とすることにした。使い勝手からするとTimeCapsuleをLANにぶら下げておくのが一番いいのだけど、お金をかける気がないので安売りのポータブルHDDとした (^^;)

80GBのディスクの方はバックアップに使っていたフォルダを削除して、今まで通り内蔵ディスクをメンテナンスする際の起動ディスクとして使う。ついでに、普段使わないデータファイルの保管場所としても。

TimeMachineだとディスクをつないでおけば自動でバックアップできるし、好きな時点まで遡ることができるので便利だ。iBackupなどでも似たようなことはできるけど、TimeMachineのスマートさには敵わない。

|

« 最近あったアップデート | トップページ | InternetExplorer8がデータ実行防止に引っかかる »

Mac OS X」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TimeMachine:

« 最近あったアップデート | トップページ | InternetExplorer8がデータ実行防止に引っかかる »