« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)

外付けHDDの速度 IEEE1394aとUSB2.0

データのバックアップのために外付けハードディスクを買った。ものはBUFFALO HD-M2.0TIBSU2という2GBのもので、eSATA, IEEE1394a/b, USBのインターフェースが付いている。

私が使っているDell Optiplex GX620にはオプションの1394aカードをつけてあるので、1394aでの接続とする。そもそもUSB接続のHDDなんてパフォーマンスも出ないし、信頼できないと思っているのでわざわざ1394のあるものにしたわけだが。

内蔵されているドライブは日立 HDS722020ALA330というSATA300の5枚プラッターの2GBドライブで、バッファは32MB。FAT32でフォーマットされていたが、NTFSでフォーマットしなおす。

CrystalMark09でディスクのベンチマークをとると、以前GX620に内蔵していた160GB HDDの7割程度のスコアとなった。試しにUSB 2.0でつないで計測したらさらに遅くなって、1394aの時の8割程度のスコアだった。USBポートには他に何も繋いでいないので、これがベストのはずなので、予想通りUSB 2.0は遅い (^_^;)

以前家のMacBookPro 13"(2009)で1394aとUSB 2.0の速度を比べたときはほとんど変わらなかったが、この時は中のディスクがATA100(133かも?)の5400RPMの80GBのもので、ディスク自身の転送レートがインターフェースの転送レートに追いついていなかったせいだと思う(ほんとか? ^^;)。

CrystalMark09のHDDテストのトータルのスコアとシーケンシャルRead/Write(MB/s)の結果だけ、ドライブごとに並べてみる。

PC本体 Dell Optiplex GX620, Pentium D 2.8GHz, RAM 4GB (PC2-5300 1GB×4)
購入時はPC2-4200の512MB×2が入っていたが、1年ぐらい前に換装した。GX620は533MHzと667MHzの2種類のメモリに対応していて、換装後はCrystalMark09によるメモリのベンチマークはクロック分速くなっていた。なぜかBIOSでは533MHzの表示ではあるけど (^_^;)

旧ドライブ
C: 7394/ 54/ 51 Seagate ST3160828AS 160GB

新ドライブ
C:12506/120/119 Windows用, NTFS
D:14154/134/130 ページング用, FAT32
R:13256/112/126 アプリケーション用, NTFS
S:12563/110/105 データ用, NTFS
T:13243/ 96/125 テンポラリ, FAT32

外付けHDD
E: 6255/ 41/ 32 IEEE1394a接続
E: 5177/ 32/ 25 USB2.0接続, Turbo USB不使用

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月23日 (土)

HDD換装とWindows XP再インストール

職場で4年半程使ったPCのHDDが潰れた。メディアが駄目になったようで、ほとんどいたるところ読めないセクタだらけになっている。元々のハードディスクはSeagate ST3160828ASという160GB/7200RPMのもの。SMART情報を見ても、最初からリードエラーが妙に多いディスクだったが (^_^;)

PC本体はまだまだ使えるので(新しいのを買う予算がないとも言うが ^^;)、新しいハードディスクを買ってセットアップをした。今度のディスクは日立のHDS721010CLA332という1TB/7200RPMのもので、バッファーメモリも潰れたディスクの8MBから32MBに増加している。

せっかくなので、少し変わったパーティション構成にしてみた (^_^;)

このドライブは、内部に2枚のプラッターを持っている。そうすると、片面250 GBの容量となる。ディスクの外周をなるべく使うように、プラッターの枚数も考えてパーティションを切ってみた (^_^;)
先頭から、ページング用 FAT32 32GB / Windows用 NTFS 64GB / アプリケーション用 NTFS 139GB / テンポラリディレクトリ用 FAT32 233GB / データ用 NTFS 465GB、とした。ページング用とテンポラリ用とデータ用がディスクの外周から始まっている計算になる。Windows用は最外周ではないが、多分割と外周よりのはずだ。

ページング用に32GBもくれてやる必要がないということに、ひと通りインストールが終わったあとで気づいた (^_^;)

まず最初にgpartedのライブCDでパーティションを作成。Windows XPでは32GBを超えるFAT32のパーティションを作成できないので。
次にテンポラリ用の区画にWindows XPをインストールした。次に、常用するためのWindowsのインストール区画にProgram FilesとDocuments and Settingsというディレクトリを作り、ディスクの管理を使ってそれぞれアプリケーション用とデータ用のボリュームをマウントしておく。

この後に常用のWindows用ボリュームにWindowsをインストールする。マシンに付属のインストールCDはSP2なので、続いてSP3も当てる。再起動後のログイン直後にコマンドプロンプトウインドウになにやらエラーが表示されたが、気にないことにしよう (^_^;)

テンポラリ用の区画を空にして(空にする必要はないのかもしれないが、ソフトのセットアップを別の部署に依頼する都合で余計なWindowsは削除しておいた)、CドライブのルートにTEMPORARYというディレクトリを作ってマウントする。

コントロールパネルのシステム(またはマイコンピュータのプロパティ)でページングファイルの設定をページング用ドライブのみに変更。FAT32だと4GBまでのファイルしか作れないので、4GBを超えるサイズのページングファイルを作成できないのだが、まあいいか (^_^;) 物理メモリが4GBあるので、そうそうスワップにあふれることもないと思うし。

環境変数でテンポラリディレクトリをTEMPORARY下の適当なディレクトリにしたり、プリンタとFAXのサーバーの設定でスプールフォルダをやはりTEMPORARY下の適当なディレクトリにしたりしておく。その他、入っているソフトの中でテンポラリディレクトリを移動できるものは適宜TEMPORARY下へ。

CrystalMark09でディスクのベンチマークをとると、古い160 GB HDDの倍ぐらいの数値になっている。ディスクの記録密度が上がって、転送速度が上がったせいだろう。

ひと通り設定が終わったあとで、何かの時にリパースポイントの再設定やファイルの取出しなんかができるように、メンテナンス用にWindowsを別パーティションにインストールすことにした。

gpartedを使ってデータ用のパーティションのサイズを変更したら、パーティションの情報が変わったせいかDocuments and Settingsのリパースポイントの設定がおかしくなってしまった (^_^;) メンテ用Windowsで立ち上げ、NTFSUtilsを使ってC:\Documents and Settingsのリパースポイント情報をクリアしてからデータ用パーティションを設定しなおす(再設定はディスクの管理ツールから)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月16日 (土)

DiskWarrior 4.3J Update

DiskWarrior 4.3Jのアップデータがリリースされた。

亘香通商からの案内メールによると、4.3での更新内容は

処理スピードと修復機能を改善する為、いくつもの修正を行いました。

とのこと (^_^;)

たまたまPowerMac G3のバックアップに使っているUSB接続のHDDが認識できなくなり、接続すると「未対応のフォーマットです」とのメッセージが出るようになった。ディスクユーティリティーのDisk First Aidでは修復できなかったが、DiskWarriorで修復できた。えらいぞDiskWarrior (^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 9日 (土)

InternetExplorer8がデータ実行防止に引っかかる

職場で常用しているPCのHDDがつぶれてしまった為、普段空いているノートPCを臨時に使用しているのだが、InternetExplorer8の終了時に「InternetExplorerはデータ実行防止機能で阻止されました」というようなメッセージが毎回表示される。

アドオンを見てみると、MyWay.comのdeSrcAs.dllという見慣れないものがあった。ネットを検索すると、Dell製のPCにプリインストールされていることがあるが、マルウエアとして認識されているものらしい。たしかにこのノートPCはDell製だ。

インターネットオプションでこのアドオンを無効にして、さらにコントロールパネルのプログラムの追加と削除からMy Way Search Assistantを削除したらデータ実行防止機能による警告が出なくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 2日 (土)

TimeMachine

MacBook Proの予備ディスクとして80GBの外部HDDにシステムを入れてあり、ついでに文書類のバックアップもこのディスクにとっていた(iBackup使用)。しかしiTunes Libraryが60GB超になり、このディスクの空きが5GBを切るようになってしまった。

そこで640GBの外部HDDを買ってきて、TimeMachine専用とすることにした。使い勝手からするとTimeCapsuleをLANにぶら下げておくのが一番いいのだけど、お金をかける気がないので安売りのポータブルHDDとした (^^;)

80GBのディスクの方はバックアップに使っていたフォルダを削除して、今まで通り内蔵ディスクをメンテナンスする際の起動ディスクとして使う。ついでに、普段使わないデータファイルの保管場所としても。

TimeMachineだとディスクをつないでおけば自動でバックアップできるし、好きな時点まで遡ることができるので便利だ。iBackupなどでも似たようなことはできるけど、TimeMachineのスマートさには敵わない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »