« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月27日 (土)

64bitアプリケーション

Mac版Firefox 4.0にはしばらく前から64bit版があったのだが、最近Thunderbird 3.3a, SeaMonkey 2.1の最新のnightly buildに64bit版が入るようになった・・・というか、最新のものを見るとmac64というバイナリしか無い (^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月20日 (土)

Safari 5.0.3アップデート

iTunes 10.1とiTunes-LAMEでのCD取り込みの問題は時間がなくて追加検証が出来ていない・・・iTunesに取り込み済みのCDは、物置にしているロフトにしまいこんであるので取り出すのがちょっと面倒 (^^;)

それはさておき、Safariが5.0.3にアップデートされた。Adobe FlashPlayer 10.1での表示の重なりの問題の修正、他。いちおうFlashの問題にも対処しているんだなあ。

Caminoも2,0,6 (Gecko 1.9.0.19)にアップデート。

Adobe Readerが9.4.1に。Macだと全然使わないのだが (^^;) これは自動でアップデータが起動。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

iTunes-LAME 2.0.9 + iTunes 10.1 + Mac OS X 10.6.5でのCD取り込み

iTunes10のエントリーへのコメントで、iTunes 10.1にしたらCDから取り込めなくなったという方がいたので、自分でも試してみた。

我が家の環境はMacBook Pro 13" 2009 Mid, Mac OS X 10.6.5, iTunes 10.1, iTunes-LAME 2.0.9(34), lame 3.98.4。

結果として、正常に取り込めるものと取り込めないものがあった。3枚しか試していないのだけど (^^;)

取り込みができたCD
マクロスF O.S.T.1 娘フロ。
かなり昔に車用に焼いたCD-DA形式のCD-R、MacBook Proではタイトルデータがなく曲名/アルバム名が表示されない物

取り込みできなかったCD
炎神戦隊ゴーオンジャー オリジナルアルバム サウンドグランプリ2nd ソングコレクション

取り込みできないものは

Import Error
NSInvalidArgumentException
working directory doesn't exist.

というエラーが表示されてハングアップする。
iTunes-LAMEの初期設定で、CDをハードディスクにキャッシュしてからエンコードする設定にすると、エラーも表示されずにハングアップする。

コンソールでiTunes-LAMEのエラー出力を見ると、

10/11/14 5:19:27    iTunes-LAME[537]    No tracks found. These volumes are available:(
    "Macintosh HD",
    "\U708e\U795e\U6226\U968a\U30b3\U3099\U30fc\U30aa\U30f3\U30b7\U3099\U30e3\U30fc \U30aa\U30ea\U30b7\U3099\U30ca\U30eb\U30a2\U30eb\U30cf\U3099\U30e0 \U30b5\U30a6\U30f3\U30c8\U3099\U30af\U3099\U30e9\U30f3\U30d5\U309a\U30ea2nd \U30bd\U30f3\U30af\U3099\U30b3\U30ec\U30af\U30b7\U30e7\U30f3"
) tried theseFiles: (null)
10/11/14 5:19:27    iTunes-LAME[537]    Track "(null)" supposedly does not exist, using shell completion to match.

と表示されている。

CDのトラックの取得に失敗しているらしい。気になるのは、「ゴ」を「コ゛」と取得しているのだけど、これはUnicodeの仕様なのかなあ?

とりあえずの対策としては、iTunes-LAMEの使用を諦めるか (^^;)、CDの内容をFinderでハードディスクにコピーしてからiTunesのライブラリに取り込めばiTunes-LAMEでもmp3に変換できる。トラック名以外の情報が落ちてしまうけど。

原因が10.6.5アップデートにあるのか、iTunes 10.1にあるのかわからないのだけど・・・。

実は最近はCDの取り込みは行っていなくて(つまりCDは買っていない ^^;)、NHK-FMのセッション2010取り込みみばかり行っているので、いつからCDを読めなくなっているのかわからない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年11月13日 (土)

ベージュPowerMac G3へのMac OS Xのインストール2

結局、インストールCDから10.2を新規インストールするのは諦め、今度はCarbon Copy Clonerを使うことにした。

CCCで今の起動ディスクのシステム関係のファイルを新しいディスクへコピーしたのだけど、起動できない。ひょっとして、コンピュータを起動しているシステムは、ファイルが使用中だったりなんだりでちゃんとコピー出来ないのかな?(説明書を全く読んでいないので ^^;)。

気を取り直し、以前10.2をセットアップした直後に保存してあった起動ディスクのディスクイメージをCCCで新規ディスクへ複製する。今度は新しいハードディスクから10.2で起動できた。XPostFactoを使っていると、ベージュG3でも8GBオーバーのパーティションでもちゃんと起動できる。

次にXPostFactoを使ってハードディスクに10.3をCDからアップグレードインストールする。こちらはトラブルなく終了。

起動ディスクのディスクイメージは古いディスクに保管してあったのだけど、ディスクが完全に潰れているような状況だと、インストールできなかったかも知れない (^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 7日 (日)

ベージュPowerMac G3へのMac OS Xインストール

ベージュPowerMac G3の起動ディスクの調子が怪しい。
夏に1回と先日1回、回転が止まっているHDDの再回転がうまく行かない感じでフリーズし、その後しばらく起動ディスクが使えなくなった。間をおいて電源を入れたら動くようにはなったのだけど。

おそらく近いうちに今の起動ディスクは使えなくなりそうな感じがするので、予備の60 GBのディスクにシステムをインストールすることにした。

標準的なベージュG3ではMac OS Xはディスクの先頭の8GB以内のパーティションにインストールしなくてはいけない。これはXPostFactoというソフトで回避できる。

手持ちのベージュG3用のMac OS XのインストールCDは10.2と10.3アップグレードなので、10.2をインストールしなくてはならない。
だが、うちのベージュG3は10.2のインストール中になんどもフリーズして最後まで到達できない。前にMac OS Xをインストールした時も似たような状況だったけど、なんども繰り返していちおうインストールの完了までは辿りつけたのだが、今回はかなりダメ。

・・・つづく (^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »