« clamav 0.96.3リリース | トップページ | OperaPortable 10.70 build 9053 »

2010年10月 2日 (土)

Opera USBを強制終了後に表示がおかしくなった

Opera USB 10.60でGoogle Calenderを表示しているときにOperaがフリーズしたので、Operaを強制終了した。その後Operaを立ち上げると、ウインドウ右側に普段は表示していなかったToDoリストが表示され、リストを非表示にしてもリストの幅だけ青い枠が幅広く残ってしまうようになった。

キャッシュやクッキーを消去しても直らないのでいろいろ見ていたが、結局 Opera10usb¥profile にある browser.js を削除したら直った。

それはそうと、Opera USBを10.54から10.60にしたら、Google Calenderで予定の編集を行なおうとすると表示がおかしくなってしまい編集できない。10.60のバグだろうか? 10.61でも直っていないが (--;)

|

« clamav 0.96.3リリース | トップページ | OperaPortable 10.70 build 9053 »

Windows」カテゴリの記事

Webブラウザ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Opera USBを強制終了後に表示がおかしくなった:

« clamav 0.96.3リリース | トップページ | OperaPortable 10.70 build 9053 »