« Windowsでマルチモニタ | トップページ | Firefox 3.6リリース! »

2010年1月 9日 (土)

VIDEO MODE NOT SUPPORTED

会社で使っているPCはIntel 82945Gチップセットのビデオ回路を使っているのだが、DVIカードをつけているのでデジタルとアナログの両方の出力が出ている。今までは17インチのLCDをデジタルでつないでいたのだけど、14インチのLCDが余っていたので、アナログの方につないでみた。

拾ってきたモニタはHYUNDAI ImageQuest L50Aというもの。10年ぐらい前の物で、取説を見るとRGB各64階調の性能。解像度は1024×768ピクセル。

メインの17インチモニタの右側に配置してみた。メインモニタとの位置関係では、下端をそろえてみた。サブのモニタにはタスクバーは表示されないので、サブモニタの垂直座標を224にする(画面のプロパティの設定で設定。そのままドラッグするともっと大きな値でしか位置が変わらないので、Ctrlキーを押しながらモニタアイコンをドラッグして設定する)と表示されたウインドウの下端が揃う。上端でそろえるのとどっちが使いやすいのだろう?・・・しばらく使ってみたところ、モニタの上端をそろえた方が使いやすい感じがする (^^;)

スクリーンセーバーのモニタ電源の設定で、5分でモニタの電源を切るようにしてあるのだが、モニタの電源が切れているときにマウスを触ってモニタを復活させると、HYUNDAIのモニタの方は VIDEO MODE NOT SUPPORTED と表示されてWindowsの画面が出てこない。モニタの電源を切って入れなおすと表示されるが、これでは使いにくい。

色々いじってみたところ、画面のプロパティ/設定/詳細設定ボタン/Intel Grapics Media Accelerator Driverタブ/グラフィックプロパティボタン/ディスプレイ設定のPCモニタでディスプレイの拡張を「アスペクト比を保持」としておくとモニタが省電力モードから復帰するときにVIDEO MODE NOT SUPPORTEDとなってしまうことがわかった。「全画面表示(枠無し)」としておけば問題ない。

|

« Windowsでマルチモニタ | トップページ | Firefox 3.6リリース! »

Windows」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VIDEO MODE NOT SUPPORTED:

« Windowsでマルチモニタ | トップページ | Firefox 3.6リリース! »