« ClamXav 2.0.3βのSentryの不具合 | トップページ | GIMP 2.6.x for Macのツールドックが大きすぎる »

2009年10月10日 (土)

Snow Leoardにしたらgnumericでエラーが

MacBookProをLeopardからSnow Leopardにアップグレードした。

portコマンドへのパスが切れていたので、Macports 1.8.0をインストールした。すると、元々入っていたものはそれなりに認識されてqemuもちゃんと動作した。ところが、gnumericは

dyld: Library not loaded: /opt/local/lib/libfreetype.6.dylib
  Referenced from: /opt/local/bin/gnumeric
  Reason: no suitable image found.  Did find:
    /opt/local/lib/libfreetype.6.dylib: mach-o, but wrong architecture
Trace/BPT trap

というエラーが出て起動できない。こちらの「OS Xをインストール」を見ると、OSをバージョンアップする前にMacportsをアンインストールし、再度インストールするようにと書いてあった (^^;)

たしかに、MacportsはOSのバージョンにあわせたオプションが勝手にくっついてビルドしているので、その通りにしないとまずそうである。

Macportsを再インストールしたい」に従ってMacportsを削除し、Macports 1.8.0のインストールからやり直す。

sudo port install libiconv +enable_cp932fix
sudo port install kinput2
sudo port install qemu
sudo port install gnumeric

を実行する。実は+universalを指定してインストールしてみたのだけど、python25関係が64bitに対応していなくてエラートなったのでやり直した。qemuもビルドに失敗した。+universalをつけなければ、問題なくコンパイルは通る。

ただ、gnumericを起動する時にdbus-systemがロードされていないというようなエラーが出るようになってしまった。ちゃんと起動するようにコマンドも設定してあるのだけど、よくわからない。

そのせいか、gnumericの動作がいまいち安定しない。セルへの文字入力がちゃんとできたりできなかったり。

|

« ClamXav 2.0.3βのSentryの不具合 | トップページ | GIMP 2.6.x for Macのツールドックが大きすぎる »

Mac OS X」カテゴリの記事

Gnumeric」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Snow Leoardにしたらgnumericでエラーが:

« ClamXav 2.0.3βのSentryの不具合 | トップページ | GIMP 2.6.x for Macのツールドックが大きすぎる »