« Snow Leoardにしたらgnumericでエラーが | トップページ | CutePDFのGhostscriptの変更 »

2009年10月17日 (土)

GIMP 2.6.x for Macのツールドックが大きすぎる

MacBook Pro 13"でGIMP 2.6.x for Macを立ちあげると、ツールドックが縦に長くて下端が画面からはみ出してしまい、ドックをリサイズできない。

そこで
~/Library/Application Support/GIMP/sessionrc
をテキストエディタで開いて、
(session-info "toolbox" "dock"
    (position 213 0)
    (size 170 820)
    (open-on-exit)
    ...

(session-info "dock" "dock"
    (position 1 1)
    (size 210 820)
    (open-on-exit)
    ...
の中の
    (size 309 820)
の後ろのほうの数字(上の例だと820, バージョンによっては違うかも?)を500とか600あたりに変更する。

GIMP 2.6.x for Macを作った人の画面は大きいんだろうなあ (^^;)

2009/11/8追記

Macの一般的な操作としては、ウインドウ左上の緑色のボタン(最大化ボタン)をoptionキーを押しながらクリックする事で、ウインドウがディスプレイサイズに最大化される。そうすればウインドウ右下のサイズボックスが出てくるので、後は好きなサイズにリサイズするだけ。

GIMPがX11上で動いているUnixのソフトなので、rcファイルをいじらないといけないのかなーという先入観があって、Macの普通の操作を思い出しもしなかったのだけど、普通に操作すればよかったんだなあ。

|

« Snow Leoardにしたらgnumericでエラーが | トップページ | CutePDFのGhostscriptの変更 »

Mac OS X」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GIMP 2.6.x for Macのツールドックが大きすぎる:

« Snow Leoardにしたらgnumericでエラーが | トップページ | CutePDFのGhostscriptの変更 »