« OpenOffice 2.2.1/X11/Pantherの日本語入力が復活 | トップページ | MacPorts 1.7.0 »

2009年2月14日 (土)

OpenOffice 2.2.1/X11/Pantherの日本語入力がまただめに

直ったという記事を書いたばかりだが、OpenOffice 2.2.1の日本語入力がまた出来なくなってしまった。原因は多分Onyxでの処理だろう。

Onyx 1.5.3の「掃除」でローカルキャッシュとシステムキャッシュをすべて消去、フォントキャッシュを消去、core.xxxファイルとテンポラリファイルと仮想メモリファイルを消去したのだけど、キャッシュの消去が怪しそうな感じ。

しかし、前回起動ディスクをディスクイメージから復元して日本語入力が復活したのが、これらのキャッシュ類と関係あるとはちょっと思えない。復元元のディスクイメージの作成時には日本語入力が出来ていなかったから。つまり、日本語入力できていなかった起動ディスクから作成したディスクイメージを2ヶ月後に書き戻したら日本語入力できるようになったわけで、何が何やらさっぱりわからない (^^;)

|

« OpenOffice 2.2.1/X11/Pantherの日本語入力が復活 | トップページ | MacPorts 1.7.0 »

Mac OS X」カテゴリの記事

NeoOffice/OpenOffice」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: OpenOffice 2.2.1/X11/Pantherの日本語入力がまただめに:

« OpenOffice 2.2.1/X11/Pantherの日本語入力が復活 | トップページ | MacPorts 1.7.0 »