« resolv.confがありません | トップページ | AverageIf関数を作ってみた »

2008年10月11日 (土)

新しくセットアップしたLotus Notes 6.5でエラー

たまたま通りすがりに他部署でLotus Notesの設定が出来ないと助けを求められた。ふつーありえないだろーというような問題だったので、記録しておく。

状況は、新しくセットアップしたマシンにLotus Notes 6.5をインストールし、初回の起動時にユーザーの設定を行っているときの事。ユーザー名とサーバーを入力し、idファイルを指定してパスワードを入力すると「特別なデータベースオブジェクトがありません」というエラーメッセージを表示してLotus Notesが終了してしまうというもの。

私も初めて見るエラー。このユーザのnotes.iniファイルを捨ててから起動してみても同じ。どうしようかと思ってExplorerでディスクの中をのぞいてみようとしたら、たぶんこの問題を生み出したそもそもの原因を見つけることが出来た。

Cドライブの容量が3.99 GBで空き容量が0 B。

OSはWindows 2000。空き容量が0の起動ディスクなんて、何年かぶりに見たような気がする。Dドライブがあって、そちらの容量は70 GBでほとんど空き。たぶん、80 GBのディスクをCに40 GB、Dに残りというようにパーティションを切るつもりで、Cドライブの容量を1桁間違ったんだろうな。

そこでどうするかというと、一番いいのはパーティションを切りなおし、Windowsのインストールからやり直すこと。なんだけど、せっかくなのであの手この手でCドライブを空けてやることにした。自分が使うパソコンじゃないから、ちょっと遊んでしまおうかと・・・。

Cドライブの中を見ると、大体こんな感じに入っていた。

WINNT                 1.5 GB
pagefile.sys          0.8 GB
Program Files         0.5 GB
Document and Settings 0.4 GB
I386                  0.4 GB
その他                0.4 GB

まず最初に、ページファイルをDドライブへ移す。
マイコンピュータのプロパティ/詳細設定タブ/パフォーマンスボタン→詳細設定タブ/仮想メモリの変更ボタン→Cで使用するサイズを0にして設定ボタンを押し、Dのサイズを最小値を物理メモリと同じサイズ、最大値をその倍にして設定ボタンを押す。物理メモリは768 MBなので、1.5 GBも使うようなことは普通はないと思うのでこれでいいだろう。

ついでにDにTEMP環境変数用に適当なフォルダを作っておき、システムのTMPとTEMP環境変数にそのフォルダを指定しておく。

次はユーザプロファイルフォルダをDへ移す。こうすればデスクトップもマイドキュメントもLotus Notesのユーザ別フォルダがあるLocal Settings¥Application Data¥Lotus¥NotesフォルダやユーザのテンポラリディレクトリもみんなDドライブになる。

一端再起動して設定したいユーザとは別の管理者権限のあるユーザでログインし、C:¥Document and Settings内のフォルダ(今現在ログインしているユーザ以外のユーザプロファイルフォルダ)をDドライブに適当に作った新しいユーザプロファイル用のフォルダ(例えばD:¥Document and Settings)内にコピーする。

次にレジストリエディタを起動し、
HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Microsoft¥Windows NT¥CurrentVersion¥ProfileList
にある
ProfilesDirectory
の内容を新しいユーザプロファイル用のフォルダ(例えばD:¥Document and Settings)に変更。

次に、ProfileList下にリストされている各ユーザの
ProfileImagePath
の中をそれぞれ新しいパスに変更する。DドライブにCと同じ名前のDocument and Settingsを作った場合は、%SystemDrive%をD:¥に置き換えるだけ。なお、今ログインしているユーザの分まで書き換えてしまった場合は、再起動後にさらに別の管理者権限のあるユーザでログインしてプロファイルフォルダをDへコピーしなくてはならない。

レジストリエディタを終了し再起動し、設定したいユーザでログインできることを確認する。

次はIEのキャッシュをDへ。
インターネットのプロパティで全般タブのインターネット一時ファイルの項目の設定で、フォルダ移動のボタンを押しあらかじめ作っておいた適当なフォルダを指定する。

スプールフォルダをDへ。

コントロールパネルのプリンタとファックスを開き、ファイルメニューのサーバーのプロパティを開き、詳細設定タブのスプールフォルダに新しいスプールフォルダ(Dに適当に作っておく)を指定する。

これだけやっておけばいいんじゃないかな。

ということで、気を取り直してLotus Notesを起動しようとしたら相変わらずエラーが出てしまう。Notesは初回の起動時にそのユーザのプロファイルフォルダのLocal Settings¥Application Data¥Lotus¥Notesに個人設定用のファイルをコピーしてくるのだけど、一番最初にコピーしたときにディスクがいっぱいになって全てのファイルがコピーされていなかったのだと思う。そこでユーザのidファイルを別の場所に移動してからLocal Settings¥Application Data¥Lotusフォルダを削除し、Notesを立ちあげてidファイルを元あったディレクトリに戻してやったら今度はちゃんと動いた。

今回のは難易度が高かったなあ。Cドライブが4 GBしかなくてディスクフルになっているなんて想像もしなかったよ。

|

« resolv.confがありません | トップページ | AverageIf関数を作ってみた »

Windows」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新しくセットアップしたLotus Notes 6.5でエラー:

« resolv.confがありません | トップページ | AverageIf関数を作ってみた »