« ロンバーグ積分と二重指数公式の誤差の変化 | トップページ | MP3のエンコードミス? »

2008年6月21日 (土)

PowerPointのテキストのハンギングインデント

職場で同僚に質問されたネタ。

PowerPoint 2003でテキストを入力したボックス中でハンギングインデントを指定したら、改行を入れた次の段落が正しくインデントされていなかった。模式的に書くとこんな感じ。

最初の段落は
 問題なく
 インデント
 される。[改行]
 なぜか2段落目も
 前の段落の一部に。

本当は次のようになってほしい。

最初の段落は
 問題なく
 インデント
 される。[改行]
なぜか2段落目も
 前の段落の一部に。

2番目の例のように期待した通りの設定ができる事もあって、なぜできる時とできない時があるのかと質問された。

そんなの知るか、と答えたいところなんだけど、自分もこういう現象に出会った事があったのでいろいろ試してみた。

結論。よく判らない (^^;)
わかった事は、1番目の方はテキストボックスではなくてオートシェイプの矩形にテキストを入力したもので、2番目の方はテキストボックスだということ。Mac版のPowerPoint 98だとどちらもハンギングインデントの指定が期待した通りになるのだけど、Windows版のPowerPoint 2003だと上に書いた通りの違う結果になってしまう。問題は1番目の方で入力した改行が無効にされている事みたいなんだけど、なんでそうなるのかよく判らない。

|

« ロンバーグ積分と二重指数公式の誤差の変化 | トップページ | MP3のエンコードミス? »

Windows」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PowerPointのテキストのハンギングインデント:

« ロンバーグ積分と二重指数公式の誤差の変化 | トップページ | MP3のエンコードミス? »