« gdi++ | トップページ | gdi++Helium版のその後 »

2008年1月 1日 (火)

ClamdOmitScan 1.2

ClamdScanコマンドを使ってわりと高速にウイルスのスキャンをするClamdOmitScanというPerlプログラムをokamuraさんが作成/公開されている。

最近のバージョンではMacのリソースフォークもスキャンできるようになったとの事だけど、こちらによるとSys::Filesystemが必要だとの事。ただ、うちの環境でもclamav-updateのフォーラムの該当スレッドにあるように、Module::Buildのインストールが先に必要だった。

という事でインストール手順のメモ。

  1. Module-Build-0.2808.tar.gz をダウンロードし解凍
  2. ターミナルで解凍したディレクトリに移動
  3. perl Makefile.PL
  4. make
  5. sudo make install
  6. 次にSys-Filesystem-1.22.tar.gzをダウンロードし解凍
  7. ターミナルで解凍したディレクトリに移動
  8. perl Makefile.PL
  9. make
  10. sudo make install
  11. ClamdOmitScan-1.2.tar.gzをダウンロードし解凍
  12. ターミナルで解凍したディレクトリに移動
  13. sudo make install

ClamdOmitScanは一旦スキャンしてから変更の無いファイルはその後スキャンしないので、2回目のスキャン以降はスキャン時間が大幅に短縮される。初回はファイル数にもよるけどかなり時間がかかるので覚悟する事。

|

« gdi++ | トップページ | gdi++Helium版のその後 »

ClamAV」カテゴリの記事

Mac OS X」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ClamdOmitScan 1.2:

« gdi++ | トップページ | gdi++Helium版のその後 »