« glib2 2.14.2をインストールする方法 | トップページ | AppleWorks6は10.3では不安定 »

2007年12月23日 (日)

MacPorts 1.6.0リリース

何気なくsudo port selfupdateをかけたらMacPorts 1.6.0のインストールが始まった。が、sqlite3.hが無いというエラーが出て終わってしまった。試しにソースをダウンロードして./configure, makeしてみても同じ。Pantherにはsqlite3は無いのかな?・・・ちょっと調べてみたら、sqlite3.hはXcodeの10.4sdkには含まれているけど、10.3.0sdkや10.3.9sdkにはないからTiger以降だな。

Macportsでsqlite3をインストールしてみる。が、sqlite3.hが無いというエラーはでなくなったけど、/usr/lib/system/libMathCommon.A.dylibが読めないとか抜かしやがる。ファイルはあるんだけど。Pantherでsqlite3を要求するあたり、現時点ではTiger以降でのビルドしか考えていないのかな? それともオプションの指定で何とかなるんだろうか? 新規インストールなら.dmg版を使えばいいのだが。うちのマシンだとインストール先が起動ディスクではないので.dmg版は新規インストールでも使えないし。きっとMacportsの方でなんとかしてくれると思うので、しばらく放置。

|

« glib2 2.14.2をインストールする方法 | トップページ | AppleWorks6は10.3では不安定 »

Mac OS X」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MacPorts 1.6.0リリース:

« glib2 2.14.2をインストールする方法 | トップページ | AppleWorks6は10.3では不安定 »