« ClamAV 0.92リリース | トップページ | MacPorts 1.6.0リリース »

2007年12月22日 (土)

glib2 2.14.2をインストールする方法

せっかくなのでglib2 2.14.2をインストールする方法を詳しく書いておく。http://trac.macports.org/projects/macports/ticket/13448 による。

1. 作業のための、Macportsのローカルなディレクトリを作る。自分のホームフォルダ直下に作れば、/Users/自分のユーザ名/ローカルディレクトリ名 となる。例えば、meというユーザがmp-local-portsというディレクトリを作れば /Users/me/mp-local-ports となる。我が家の場合は外部ディスクにホームがあるので/Volumes/ディスク名/Users/ユーザ名/ローカルディレクトリ名 となる。

2. 1で作ったディレクトリの下に port search コマンドで得られた結果と同じ名前でPortfileを入れるディレクトリを作る。このディレクトリはカテゴリ名とポート名からなる。glib2の場合は devel/glib2 であるので、 1の例の場合の絶対パスは /Users/me/mp-local-ports/devel/glib2 となる。

3. 2で作ったディレクトリに目的のポートファイルを入れる。glib2 @2.14.2_0 の場合はこれ。http://trac.macosforge.org/projects/macports/browser/trunk/dports/devel/glib2/Portfile?rev=30556&format=raw

4. glib2 @2.14.2_0はパッチファイルが必要なので、上記のディレクトリにfilesというサブディレクトリを作り、必要なファイル4つをここからダウンロードして入れる。。1の例だと /Users/me/mp-local-ports/devel/glib2/files
http://trac.macosforge.org/projects/macports/browser/trunk/dports/devel/glib2/files

5. ローカルなMacportsディレクトリのルート(例だと/Users/me/mp-local-ports)にもどり、portindexコマンドを実行する。PortIndexファイルが作成される。

6. ${prefix}/etc/macports/sources.conf を編集する。普通にMacportsをインストールすると${prefix}は /opt/local/macports である。我が家の場合は例によって外部ディスクにインストールしてあるので /Volumes/外部ディスク名/opt/local/macports となる。テキストエディタでsources.confを開き、rsync://rsync.macports.org/release/ports と書かれた行の前に1行挿入してURLフォーマットでローカルポートのパスを書く。例では file:///Users/me/mp-local-ports 、我が家の場合はfile:///Volumes/外部ディスク名/Users/自分のユーザ名/mp-local-ports

7. sudo port install glib2 でインストールを実行する。インストール終了後はローカルポート下の devel/glib2ディレクトリを削除し、5と同様にローカルポートのルートでportindexコマンドを再度走らせる。ローカルポートディレクトリを削除し、sources.confからローカルポートの記述(file://なんとかかんとか)の行を削除して保存する。

以上。

・・・そうか、これが正しい別バージョンのインストール方法なのか (^^;)

|

« ClamAV 0.92リリース | トップページ | MacPorts 1.6.0リリース »

Mac OS X」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: glib2 2.14.2をインストールする方法:

« ClamAV 0.92リリース | トップページ | MacPorts 1.6.0リリース »