« パーソナルファイル共有の不具合:解決 | トップページ | Gnumeric Wrapper »

2007年9月 9日 (日)

iBook壊れた

妻との共用マシンだったクラムシェルiBookが壊れてしまった。

そもそもは先週の日曜の夜、娘がiBookのACコードを引っ掛けてプラグを破損したことに始まる。プラグの先端部が折れてiBook本体内に残って取り出せなくなってしまったので、昨日iBookを分解して折れたプラグの破片を取り出したのだけど、元通り組み立てたら起動しなくなっていた。画面にはシステムフォルダと疑問符の入ったフォルダが交互に表示される。これは普通はシステムフォルダやHDD上のMacOS ROMファイルが壊れている時に見られるらしいのだけど、うちのiBookではCD-ROMからの起動もできなくなっているのでロジックボードが壊れたと思える。念のため予備のHDDと交換しても症状は変わらず。もちろんパワーマネージャのリセットも行ってみたけど起動できず。季節がら静電気という事は考えにくいので、どこかにゴミでも落ちたか、基板に力が加わってどこかが壊れたか。

さすがにG3 366MHzのマシンを根性入れて直す気にもなれず、これは廃棄する事に決定。1年位前に子供がお茶をこぼして(しかも濡れたまま妻が使い続けて)Firewireポートが死んでいたし、USBポートも接触不良気味だったし。

データは先週木曜日にバックアップしたものがあるので、問題はない。

当分は私専用だったベージュG3を妻にも使ってもらうようにアカウントを作ったのだけど、このマシンは電源を入れると97%位の確率でMac OS 9で起動してしまう。そこでもう一度再起動すればMac OS Xで起動する。さらに、ベージュG3でMac OS Xを使う場合、起動パーティションは8GB以下のサイズでなくてはならないとされているため、普通に使おうとするとディスク容量が足りなくなってしまう。そこで私のマシンはユーザーのホームディレクトリを起動ディスクとは別のパーティションに追い出してある。妻のホームも同様。こういう構成のせいか、一度ログアウトすると/Volumesにホームのあるボリュームの名前のディレクトリが作成され、本来のホームディレクトリにアクセスできなくなってしまうという問題がある。というように、非常に使いにくいマシンなのだけど、しばらくはがんばって使ってもらおう。

iBookの後継として、MacBookを冬が来る前に購入する予定。そもそもこのiBookは同僚が捨てるというものを冬のこたつトップマシンとして貰ってきたものなので、こたつを使うまでに次があればいいのである。それにそのうちLeopardが発売されれば、LeopardプリインストールのMacBookに変わるだろうし。今MacBookを買ったらLeopardも買わなくてはいけなくなってしまう(いけないという事はないのだが)。

|

« パーソナルファイル共有の不具合:解決 | トップページ | Gnumeric Wrapper »

iBook」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iBook壊れた:

« パーソナルファイル共有の不具合:解決 | トップページ | Gnumeric Wrapper »