« ClamAV 0.91リリース | トップページ | QuickTimeをアップデートしたらCaminoでFlashが表示されなくなった »

2007年7月14日 (土)

PantherでOpenOffice.org 2.xの日本語入力

Mac OS X 10.3.9 PantherでX11版OpenOffice.org 2.xで日本語入力をするには、kinput2.macimと日本語入力のバグ修正版のlibX11.6.2.dylibが必要という話。

Mac OS XでX11版のOpenOffice.org 2.xで日本語入力をするには、X11での日本語入力環境を構築しなくてはならない。そのためにはAnthyなどのUnix用の仮名漢字変換プログラムとjmodeやMacUIMなどのXIMサーバを組み込まなくてはならない。

うちのMacには「X11 for Mac OS Xでことえりを使う」を見てkinput2.macimを入れてある(たぶんOpenOffice.org 独自ビルドプロジェクトX11_Setting_Script_for_Using_OpenOffice.org_X11_with_IPA_Fonts_Ver.2.0.0を使った方が簡単)。kinput2.macimはX11の仮名漢字変換プログラムの代わりにことえりを使うためのもの。OpenOffice.orgでいちおう日本語入力はできるのだけど、日本語の入力中や、日本語入力をオフの状態で文書の編集を行うとインサーションポイント以降にゴミが沢山湧いて出てきてしまい、実用的にはとても使えなかった。

ネット上をいろいろあたってみると、これはPantherのX11の問題で、Tigerでは生じないとの事。また、OpenOffice 1.1.xで日本語入力環境を整備するための情報を見ると、PantherのX11のlibX11.6.2.dylibにはバグがあるため、libX11.6.2.dylibの修正版をインストールする必要があると言う。修正版はこちらこちら

今までゴミで悩んでいたので、/usr/X11R6/lib/libX11.6.2.dylibをダウンロードした修正版と入れ替えてみた・・・文字入力/編集時のゴミが出なくなった。これでOpenOffice.orgが使えるようになった (^^) 最初はOpenOffice.org 1.1.xの話題だからと思ってあまりまじめに読んでいなかったのだけど、PantherのX11の問題なので修正版が必要だったのだな (^^;)

Javaを使ったNeoOfficeはインターフェースもAquaだし、こうした問題が無いのでどうしてもという時は使っていたのだけど、500MHzのG4には重すぎて、動作の軽いOpenOffice.orgを使いたいと思っていたのである。実際、G4 500MHzで動くMacのX11版OpenOffice.org 2.2.1は、Pen4 2.8GHz WinXP上のOpenOffice.org 2.2.1よりも動作が軽快に感じる。QEMU(with kqemu)上でUbuntu 7.04やKnoppixのOpenOffice.org 2を動かしてもネイティブのWindows版OpenOffice.orgの方が遅く感じるので、Windows版が異常に遅いんだろうな (^^;)

それはそうと、同じ環境を構築した筈のiBookではX11上で日本語入力ができない。Anthyと適当なXIMサーバを入れてみようかな・・・ということでMacUIMを入れてみたけど、OpenOffice.org上では文字化けが出てしまった(修正版のlibX11.6.2.dylibを入れてあるのだけど)。その後kinput2.macimに設定を戻したら、なぜか問題なく使えるようになっていた。うーむ、どういう事かよくわからないけど動くから良しとするか。

2007.8.15追記

Writerを使っていて気づいたのだけど、バグ有りのオリジナルのlibX11.6.2.dylibでは日本語入力モードになっているときはreturnキーを押してもWriterの方には改行コードが送られず、改行できなかった。文章に改行を入れたいときは、仕方が無いので一旦英語モードに切り替えて改行していた。パッチ済みlibX11.6.2.dylibではこの問題が解消され、日本語入力モードのままでも改行が文書に入る。前はどうだったか覚えていないけど、テンキーからの入力はちゃんと1バイト文字として入るし、なかなか快適である (^^)

余談ではあるけれど、Windowsはテンキーからの入力もメインキーボードと同じ扱いで、日本語入力がオンのときはIMEに送られてしまうのが非常に鬱陶しかったので、日本語と数値が混在する事が多い表計算ソフトでの作業ではかなりストレスを感じてしまうのである。Macだと入力モードに関係無く1バイト文字で直接入力されるので、いちいちIMEをオン/オフする必要は無い。

そういうWindowsの仕様のせいか、最近のWindowsのExcelは2バイト文字で入力した数字を勝手に1バイト文字に変換してしまう。そうじゃなくて、テンキーの扱いをIMEなりWindowsの方で替えるのが本質的な対処ではないかと思うのだけど。キースキャンコードはメインキーボードとテンキー側で異なるので、対処できると思うのだが。

|

« ClamAV 0.91リリース | トップページ | QuickTimeをアップデートしたらCaminoでFlashが表示されなくなった »

Mac OS X」カテゴリの記事

NeoOffice/OpenOffice」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PantherでOpenOffice.org 2.xの日本語入力:

« ClamAV 0.91リリース | トップページ | QuickTimeをアップデートしたらCaminoでFlashが表示されなくなった »