« iTunes 7.3にAppleScriptメニューが無い | トップページ | ClamAV 0.91リリース »

2007年7月11日 (水)

iTunes-LAMEをいつも探してしまう

うちのMacは起動ディスクの容量が少ないので、ホームホルダを別のディスクに設定してある。そのせいで、iTunes-LAMEをiTunesのScriptメニューから起動しようとするといつもiTunes-LAMEの置き場所を尋ねられてしまう。これは面倒なので、iTunes-LAMEのAppleScriptを少々改造した。

~/Library/iTunes/Script/(/Library/iTunes/Scriptに入れている人もいるだろうけど)にあるiTunes-LAMEをctrl+クリックして「パッケージを開く」で開き、Contents/Resources/ にある Import with LAME....scpt をスクリプトエディタで開く。

1行目の property theApplicationPath : "" にiTune-LAMEのパスを記述する。このとき、マウントポイントを含めた形で書かないと正しく認識されなかった。具体的にはこんな感じ
property theApplicationPath : "起動ディスク名:Volumes:ホームのあるディスク名:Users:ユーザ名:Library:iTunes:Scripts:iTunes-LAME.app"
起動ディスク名、ホームのあるディスク名、ユーザ名は自分の環境に合わせて適宜書き換えるわけで。

それにしても、パスのセパレータは ":" なのに、パスの並びがターミナルでコマンドを使う時と同じなのがちぐはぐな感じ。AppleScriptの仕様なんだろうけど。

|

« iTunes 7.3にAppleScriptメニューが無い | トップページ | ClamAV 0.91リリース »

Mac OS X」カテゴリの記事

iTunes」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iTunes-LAMEをいつも探してしまう:

« iTunes 7.3にAppleScriptメニューが無い | トップページ | ClamAV 0.91リリース »