« 今日のアップデート Firefox 2.0.0.5, Opera 9.22, ClamXav 1.0.8/0.91 | トップページ | NeoOffice 2.2.1 Early Access »

2007年7月22日 (日)

Excelのアドインの置き場

Windows環境のお話。Windowsでログインするユーザー毎にプロファイルフォルダが作成できるようになった頃から、ExcelのVBAで自作のマクロをアドインとして保存する時のデフォルトフォルダが個人のユーザープロファイルフォルダの下にあるAddinsフォルダになった。最初は素直にしたがってそのフォルダに保存していたのだけど、データ処理用のマクロは同じコンピュータを使う他のユーザーも使うことがあり、いちいちそのユーザーのフォルダにインストールしなくてはならないのが煩わしかった。自作なので時々バグフィックス版や機能追加版を作ることがあって、既存のアドインファイルのアップデートをするのも面倒な作業になってきていた。さらに、アドインの中にある関数をワークシートで使っている場合、そのファイルを別のコンピュータで開くとアドインはインストールしてあっても関数を見つけられない事があった(アドインのパスが違うせい)。
そこで、アドインの保存先をExcelのアプリケーション本体があるフォルダのLibraryフォルダに変更した(昔はアドインは全部ここに入れていたのだけど)。こちらはExcel付属のアドインが収められているフォルダで、ここに入れておけば全ユーザーから参照できる。本当に自分しか使わないマクロだけ自分のユーザーのフォルダに置いておけばいい。もっと早く気づくべきだったな←実は何年も不便だと思いつつこうすればいいことに気づかなかった。Windowsに対して愛が無いせいかも (^^;)

|

« 今日のアップデート Firefox 2.0.0.5, Opera 9.22, ClamXav 1.0.8/0.91 | トップページ | NeoOffice 2.2.1 Early Access »

Windows」カテゴリの記事

Excel」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Excelのアドインの置き場:

« 今日のアップデート Firefox 2.0.0.5, Opera 9.22, ClamXav 1.0.8/0.91 | トップページ | NeoOffice 2.2.1 Early Access »