« Safari 3.0.1 for Windows速いな | トップページ | Safari 3 for Windowsの表示 »

2007年6月24日 (日)

Windows XPでのハードリンクとリパースポイント

Windows 2000のNTFS5で実装されたハードリンクとリパースポイントだが、Windows XPで使っているとどうも不安定である。ハードリンクの場合は、ハードリンクを作成したファイルを編集して上書き保存すると元とは別のファイルとして保存されてしまったりすることがある。リパースポイントの方は突然リンクが解除されてしまうことがある。Windows XPで表立ってこれらが使えるようになっていないのはそれなりの理由があるのだな (^^;) まさかMS OfficeがWindowsのAPIをちゃんと使っていないという事は無いと思うのだけど、OSのAPIを使っていればこういう事にはならないような気がする(OSにバグが無ければ)。

Vistaではこれらに加えてシンボリックリンクも正式にサポートされると聞いているので、さすがにこういう事はないと思うのだけど、どうだろう?

2007/6/27追記
ハードリンクの問題は少なくともMicrosoft WordとExcelで起こるのを確認。それぞれのソフトのファイルの保存方法に帰因しているのがわかったので後日また別記事にまとめる予定。

|

« Safari 3.0.1 for Windows速いな | トップページ | Safari 3 for Windowsの表示 »

Windows」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windows XPでのハードリンクとリパースポイント:

« Safari 3.0.1 for Windows速いな | トップページ | Safari 3 for Windowsの表示 »