« Windows XPでのハードリンクとリパースポイント | トップページ | WindowsのMS Officeとハードリンク »

2007年6月26日 (火)

Safari 3 for Windowsの表示

Safary 3 for Windowsの表示ですぐに気づく特徴は、フォントのアンチエイリアス処理がWindowsのClearTypeとは異なることだ。

SafariでIPA P明朝を使い、アンチエイリアスを中(フラットディスプレイに最適化)に設定したのが次(小さい文字が等倍、大きい文字が5倍拡大)。比較のため上がWindows版3.0.2PB、下がMac版1.3.2。全く同じアンチエイリアス処理がされている事が判る。

Windows版Safari 3.0.2 Public Beta

1safari

Mac版Safari 1.3.2

1bsafarimac


Internet Explorer 6でIPA P明朝を使ってClearTypeが有効な文字サイズで表示させるとこうなる(文字サイズが中だとスムージングが働かないので大にしてある)。

2iect


拡大図を見てわかる違いとしては、ClearTypeは横方向のみアンチエイリアス処理をするのに対し、Safariは縦横ともに処理をしている。水平な線の上下には中間階調のピクセルが無いのである。

ちなみにWindowsで文字のスムージングをClearTypeではなくて標準にするとこうなる。

3ie


妙に薄くなってしまい問題外である (^^;)

なおXPではビットマップデータがあるフォントサイズはビットマップフォントを表示するので、たいていの文字はこう見えている人が多いはず。

4iebm


標準のなめらかな文字よりはこっちの方がはるかにましだな。

VistaだとメイリオでClearTypeが効いた文字表示になっているはずだけど。


Safariのディレクトリを見ると、CoreGraphics.dllというのがある。つまり、Mac OS XのCoreGraphics(Quartz 2D)を丸ごとWindowsに持ってきちゃったのね。Safariのスピードと美しさはCoreGraphicsによるものだったわけだ(もちろんWebKitが優秀というのはあるだろうけど)。SafariはフォントのレンダリングもCoreGraphicsにさせているんだろうな。

|

« Windows XPでのハードリンクとリパースポイント | トップページ | WindowsのMS Officeとハードリンク »

Webブラウザ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Safari 3 for Windowsの表示:

« Windows XPでのハードリンクとリパースポイント | トップページ | WindowsのMS Officeとハードリンク »