« ClamAVウイルス定義差分ファイルのダウンロード失敗 | トップページ | iBackupが立ち上がらない »

2007年6月10日 (日)

ClamXavとclamav-updateをiBookに入れた

クラムシェルiBookに入れてあったVirusBarrier X4の定義ファイル更新の有効期限が切れた。2500円(+消費税)で1年間の更新になるのだけど、時々出てくる「xxxxは保護領域にあるので安全です」というパネルが鬱陶しくて更新するのはやめた。このパネル、同じ項目について何度も出てきてうるさい事この上ないのである。

代わりのアンチウイルスソフトとして、ベージュG3で使っているClamXavを導入した。もちろんClamAVをアップデートするためのclamav-updateとFreshClamDaemonとClamAntiVirusDaemonも一緒にインストールする。clamav-updateは/Applications(起動ディスクのルートにあるアプリケーションフォルダ)にClamXav.appがないとClamXavがインストールされていないと判定するので、ClamXav.appをアプリケーションフォルダに置いておくかシンボリックリンクを張っておく(エイリアスでもいいのかもしれないが、試してはいない)。

ところが、インストール後にコンピュータを立ち上げ直したら、clamdが起動していない。clamd.logを見ると「テンポラリディレクトリを作成できない」とある。clamd.confはClamAntiVirusDaemonに付属のものを念のためベージュG3のものと見比べて同じである事を確認して入れてある。ベージュG3で動いているので、iBookで動かないわけは無いのだが・・・といろいろやっていて、結局手動でclamd.confに書いてあるテンポラリディレクトリを作成してやったら無事にclamdが起動するようになった。なんとなくベージュG3でも同じ事をしていたような気がしないでもない (^^;) ←ちゃんとこのブログにも書いていたので、忘れていただけである。

実はダウンロード済みのClamXav 1.0.7bを入れたら、すでにClamXav 1.0.8がリリースされていた。iBookにはClamXav 1.0.8のアプリケーションをインストールし、ClamAV 0.90.3はclamav-update.plをターミナルから起動してインストールしてみた。もちろんclamav-update.confは-arch i386を削除する細工を仕込んだものを使用(これをやらないとPantherではコンパイルできない)。366MHzのG3なのでコンパイルに結構時間がかかったけど、0.90.3はちゃんとインストールされて動いている。

2007/6/16追記
/etc/daily.localにclamav-updateを定期実行させるために以下の記述をしておく。

/usr/local/clamXav/bin/clamav-update.pl --config /usr/local/clamXav/etc/clamav-update-update.conf
/usr/local/clamXav/bin/clamav-update.pl
/usr/local/clamXav/bin/clamav-update.pl --config /usr/local/clamXav/etc/FreshClamDaemon-update.conf
/usr/local/clamXav/bin/clamav-update.pl --config /usr/local/clamXav/etc/ClamAntiVirusDaemon-update.conf
/usr/local/clamXav/bin/clamav-update.pl --config /usr/local/clamXav/etc/ClamXav-update.conf

1行目はclamav-update自身のアップデート、2行目がClamAVのアップデート、3行目以降がそれぞれFreshClamDaemon, ClamAntiVirusDaemon, ClamXavのアップデート。iBookのdailyスクリプトは以前の記事で5:15に実行するようにしてある。

昨日clamav-update 2.2.2がリリースされていて、デスクトップマシンの方はちゃんとアップデートされていたがiBookの方はアップデートされていなかった。dailyスクリプトは実行されているのだが。ターミナルを立ち上げて/usr/local/clamXav/bin/clamav-update.pl --config /usr/local/clamXav/etc/clamav-update-update.confを実行すると、権限がアドミニストレータではないというエラーメッセージが出る。sudoをつけて実行するとclamav-updateがアップデートされた。

そういえば、デスクトップの方は/private/etc/とdaily.localのオーナーがシステムなのに、iBookの方は私のままだった。とりあえずこれをデスクトップの設定に合わせておく。

|

« ClamAVウイルス定義差分ファイルのダウンロード失敗 | トップページ | iBackupが立ち上がらない »

ClamAV」カテゴリの記事

Mac OS X」カテゴリの記事

iBook」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ClamXavとclamav-updateをiBookに入れた:

« ClamAVウイルス定義差分ファイルのダウンロード失敗 | トップページ | iBackupが立ち上がらない »