« ClamAV 0.90.1をMac OS X 10.3.9にインストール | トップページ | ClamAV 0.90.xとclamav-update 2.1をMac OS X 10.3.9で使う方法 »

2007年3月 3日 (土)

clamav-update 2.0.1をMac OS X 10.3.9にインストール、でも

前回の記事の続き。

ターミナルを立ち上げてからコマンドを打っていたのでは、clamav-updateのinstall.Commandの実行はいいが、clamav-update自身の実行ができない。結局、~/.MacOSX/emvironment.plistを開いて、以下の行を追加。

    <key>PERL_BADLANG</key>
    <string>0</string>
    <key>LC_ALL</key>
    <string>ja_JP.eucJP</string>

うちのには
    <key>LANG</key>
    <string>ja_JP.EUC</string>
    <key>LC_COLLATE</key>
    <string>C</string>
    <key>LC_TIME</key>
    <string>C</string>
はすでに記述されていた。

これでinstall.Commandをダブルクリックしてちゃんとインストールする事ができた・・・と書きたいところだが、一つ落とし穴が。今回の作業ディレクトリが~/Documents/Downloaded Files/だったため、install.Commandが自身のあるパスをちゃんと取得できずにエラーとなってしまった。スペースが入ったフォルダ名をつける私が悪いのかな (^^;) clamav-updateのインストール元フォルダをスペースの無いフォルダに移動して、無事にインストール成功。

これでclamav-updateはちゃんと動く筈なのだけど、肝心のClamAVが0.90になってからMac OS X 10.3.9ではMakefileをいじらないとmakeできなくなってしまったのでclamav-updateで自動でアップデートできなくなってしまった。とりあえずclamav-update.confのアップデート部分をコメントアウトしてあるけど(それは内容が無いファイルになっているのと同義だ ^^;)。

|

« ClamAV 0.90.1をMac OS X 10.3.9にインストール | トップページ | ClamAV 0.90.xとclamav-update 2.1をMac OS X 10.3.9で使う方法 »

ClamAV」カテゴリの記事

Mac OS X」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: clamav-update 2.0.1をMac OS X 10.3.9にインストール、でも:

« ClamAV 0.90.1をMac OS X 10.3.9にインストール | トップページ | ClamAV 0.90.xとclamav-update 2.1をMac OS X 10.3.9で使う方法 »