« TNG CalenderとTNG Times | トップページ | clamav-update »

2007年2月17日 (土)

CaminoをFirefoxの代わりに使う

せっかくCaminoにUser Agentアドオンを入れたので、Firefox 2.0を指定してみた。このブログの投稿ページは、うちの環境だとFirefox以外では文字修飾用のボタンが表示されなくて不便なのである。エディタをHTMLモードにして自分でタグを打って行くというやり方もあるのだけど、HTMLタグには全然明るくないので文字サイズを変更したい時等はFirefoxを立ち上げて作業していた。以前起動速度や表示速度を比べた時に、Firefoxの起動速度はダントツで遅かったのだけど、起動がSafari並に速いCaminoでこのブログの書き込みを行おうというのがそもそもの目的である。CaminoはFirefoxとほぼ同じバージョンのGeckoだから何とかなるんじゃないかな、と思ったのである。

ということでFirefoxの名を騙ったCaminoでブログの記入ページを開くと、Firefoxと同様に修飾用のボタンが表示され、入力や編集ができた。User AgentがデフォルトのCaminoのままだとSafariと同じように修飾用のボタンが表示されない。

ちなみにSafariでSafari Enhancerを用いてUser AgentをNetscape 7.0に指定してやった場合、修飾用のボタンは表示されるけど文字入力用のフィールドにテキスト入力ができない状態になってしまった。以前Mac OS 9上のMozilla 1.3.1(Geckoのバージョンがすごく古い)かMS IE 5.1で編集しようとした時も似たような状態になったような記憶がある。

これでFirefoxは自分的にはお払い箱だな (^^;) 本当は堂々と(?) Caminoを名乗らせたいのだけど。

|

« TNG CalenderとTNG Times | トップページ | clamav-update »

Camino」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CaminoをFirefoxの代わりに使う:

« TNG CalenderとTNG Times | トップページ | clamav-update »