« ホームの移動 | トップページ | バックアップ2 »

2006年10月28日 (土)

ログインしたらユーザーの環境設定が初期化されていた

Firefox 2.0がリリースされたので早速ダウンロードしてみたのだけど、うちのマシンではなぜかよくクラッシュしてしまう。クラッシュしたついでにFirefoxのブックマークが初期化されてしまったこともあったけど、これはバックアップからコピーして復元。

何度目かのクラッシュの後、ログインし直したら自分のアカウントの設定がどこかに消えて初期設定状態に戻ってしまっていた。ディスクユーティリティやDiskWarriorで検査してもそれらしい問題は報告されないので、先日行ったホームディレクトリの移動がらみだろうと思って調べてみた。

最初に見たのはNetInfoマネージャで自分のユーザのホームディレクトリの設定。これは正しい。

次に起動ディスクの/Users。ここにはホームディレクトリの移動先へのシンボリックリンクを置いてあるのだけど、リンク先のパスは正しいのにリンクしている内容がどうも全く違うフォルダを見ている。ディレクトリ情報に問題は無いので、シンボリックリンクを新たに作ってみてもこちらが意図したところを見てくれない。

次に見たのがマウントポイント。/Volumesを見ると、本来Sovereignというディスクがマウントされているはずなのに、Sovereignというフォルダが存在し、ディスクの方はSovereign 1という名前になっていた。つまりNetInfoマネージャの情報も/Users下のシンボリックリンクも指定した通りの正しい場所を見ていたのだけど、/Volumesになぜか余計なフォルダが作られてしまっていて本来のディスクが正しい名前でマウントされていなかったのが問題の原因ということになる。

/VolumesにあるフォルダSovereignを削除してログインし直したら元の環境が復活。最初は/VolumesのSovereign 1をSovereignに名前を変えようと思ったのだけど、ロックされていて変えられなかったのでシステムが自動的に名前を正しくつけ直してくれるのを期待してログインし直したのであった。

そもそも/Volumesに変なフォルダが作られてしまったのは、USBメモリをちゃんとアンマウントできない状況で(うちのベージュG3ではたまにある)Firefox 2.0がクラッシュしたせいかも知れない。再現実験は怖くてやりたくないけど。Firefox 2.0はマイナーバージョンアップがあったら改めて入れる事にしよう。

その後、うちのG3は単にログオフ/ログインを繰り返すとこういう症状になるのがわかった。Firefoxは無関係だったもよう。疑って悪かった>Firefox

たぶんホームディレクトリを起動ディスク以外に移動してあるせいだろうなあ。イレギュラーな使い方であるのは間違いないし。

|

« ホームの移動 | トップページ | バックアップ2 »

Mac OS X」カテゴリの記事

Firefox」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ログインしたらユーザーの環境設定が初期化されていた:

« ホームの移動 | トップページ | バックアップ2 »