« Panther on Gossamer 3 | トップページ | GIMPをインストールしてみた »

2006年7月19日 (水)

Panther on Gossamer 4

起動ディスクの修復用に、外付の3GB SCSI HDDにもOS Xをインストールしてみた。

Jaguarのインストール中に最低1回はフリーズしてしまうのは以前と同じ (^^;) 今回は最初からそれを見越してXPostFactoを使ってインストール。フリーズして再起動後、もう一度XPostFactoでCD-ROMからのインストールを指示するとインストーラは作業を継続してくれた。今回はフリーズ後に念のためディスクユーティリティでディスクの検証と修復も行った。

Jaguarが入ったのでPantherを入れようとしたら、インストール先ディスクの完全性のチェック後にエラーとなってしまった。ディスクユーティリティでディスクを検証しても問題なし。アクセス権の修復を行ったらインストールを継続できた。Jaguarのインストールが不完全だったんだろうなあ (^^;)

外部ディスクから最初に作った起動ディスクを修復したら、ログイン時にキーボードを正しく認識せずパスワードの入力ができなくなってしまった (^^;) 行ったのはディスクユーティリティでのディスクの修復、アクセス権の修復、ディスクウォーリアでの最適化。

起動ディスクが8GBの小さなパーティションなので文書やアプリケーションが別パーティションにあるのを幸いに、メールの文書や初期設定のバックアップをとった後に起動ディスクを消去して半日かけてPantherのインストール (^^;)

今度は起動ディスクが壊れてもすぐに復元できるように、ソフトウエアアップデートとプリンタドライバのインストールまですませた状態で起動ディスクと外部ディスクのディスクイメージを作って別パーティションに保管。これで起動ディスクが壊れてもディスクイメージから書き戻すだけで復元できるはず。

2006.12.16追記

Jaguarのインスト−ル中に固まるのは、メモリのせいかもしれない。G4に差し替えた時に起動できなかったのもメモリの接触不良のせいだったし。

|

« Panther on Gossamer 3 | トップページ | GIMPをインストールしてみた »

Mac OS X」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、はじめまして。kooと申します。
ただ今アルプスのプリンタMD-1000をOSX環境で使えないかと試みていて、調べていたらここにたどり着きました。
エプソンの変換ケーブルが使えるとのこと、藁をもつかむ様な気持ちで御聞きしますが、その先いかがなさったでしょうか?

投稿: koo | 2006年7月26日 (水) 20時54分

kooさんこんにちは。
OS XとOS 9で使えるALPS純正のパラレル-USB変換ケーブルは何年も前に販売終了になっていて、私もネット上の情報をあさってEPSONのケーブルにたどり着きました。
型番はPRCB8Nです。私は楽天のショップで7500円ほどで購入しました。
OS Xからはプリンタをきちんと認識できて、ALPSからダウンロードしたOS X用プリンタドライバで印刷できます。テスト印刷をしたきりなのでややこしい使い方はしていませんが。
Classic環境からとOS 9で起動した場合はプリンタを認識できません。
この変換ケーブルはネットの通販ショップで在庫が無いところが多いようです。
以上、参考になれば幸いです。

投稿: yish | 2006年7月27日 (木) 05時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Panther on Gossamer 4:

« Panther on Gossamer 3 | トップページ | GIMPをインストールしてみた »