« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月18日 (日)

Panther on Gossamer 3

引き続き、ソフトウエア環境について。

家で良く使うソフトは、文書作成がAppleWorks、家計簿のみMariner、Webブラウザとメールソフト位。主な所は以下のような感じで移行した。

AppleWorks 6.2.8(9)→6.2.9(X)
OSが変わっただけで、ソフトのバージョンはほとんど一緒。ただ、X版になってちょっとレスポンスが悪くなったよう。

Mariner 5.0.0(9)→Mariner Calc X 5.5.0(X)
これはバージョンが上がってかなり重くなってしまった。266MHzのG3では苦しいような気もする。使えない訳ではないので使うけど (^_^;)

Webブラウザ
常用のブラウザはMozilla 1.3.1(9)からシイラ1.2.2へ。起動もレンダリングも圧倒的に速くなった (^_^) ココログの書き込みはIE 5.1(9)からFireFox 1.5(X)へ変更。FireFoxはシイラより起動が遅いので、常用ブラウザのザをシイラに譲る事に。念のためSafariとIE 5.2も入っている。

メーラ
Eudora 1.3.8.8(9)からMail(X)へ変更。画面表示は当然の事ながらテキストだけのEudoraからは圧倒的に遅くなる (^_^;) でも迷惑メールフィルタがあったり、便利なのでMailを使う事にする。Thunderbirdでもいいのだけど (^_^;)

デジカメ関係
デジカメの画像はGraphicConverterでブラウズ、編集していたのだけど、iPhotoを試してみた。GraphicConverterよりもシンプルで使いやすいのだけど、266MHzのG3ではいささか重い。使えない事は無いので、アルバムソフトとしてiPhotoを使う事にした。画像の編集はGraphicConverterだけど。

サウンド
MDからの取り込みようにひるの歌謡曲を使っていたのだけど、OS X版では取り込み時にノイズが乗ってしまう。他に適当なソフトもあまり見つからないので、取り込みのみ9版のひるの歌謡曲を使う事にする。うちのG3は電源を入れると一度OS 9で立ち上がるからちょうど好都合だし (^_^;)

フォント
昔買った毛筆フォントの東京行書と楷書がOS Xに入れると不安定になるようだ。字形はSD行書/楷書の方が好きなので、東京フォントはあっさり捨てる (^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Panther on Gossamer 2

Mac OS X導入記念という事で、ブログのデザインも変えてみた (^_^)

10.3.9と9.2.2で、起動速度は10.3.9の方が速い。うちのG3だと電源投入時の起動が9.2になってしまうので、正確には再起動速度の比較だけど (^_^;)

以下、使っている環境の変化についてのメモ。

ハードウエア環境の移行

プリンタ HP Photosmart 2710
LAN接続での使用、OS X版ドライバのインストールのみで問題なく使用できている。Mac OS 9版のスキャナとの通信プログラムが待機中でも異常にCPUリソースを消費していたのがOS X版ではまともな動作(待機中はほとんどCPUを使わない)になっていた。9版ではプリンタからパソコンを見失う事があったけど、X版ではそれもなくなった (^_^;)

プリンタ Apple StyleWriter
シリアルポート接続のプリンタはサポートされなくなったのだけど、How to use your StyleWriter in Mac OS XというページからドライバとGhostScriptをダウンロードしてインストール。とりあえず文字だけはちゃんと印刷できているのを確認した。新しいプリンタがあるから無理して使わなくても、とは思うのだが。

プリンタ ALPS MD-1000
これはSCSI接続の熱転写プリンタ。アルプス純正のパラレル-USB変換ケーブルが販売中止になって何年も経つのでOS Xでの使用はあきらめていたのだけど、某掲示板でEPSONの変換ケーブルを使っている人を見かけて手配中 (^_^;) いやほんと、そうまでして使おうとしなくてもいいのではないかと>じぶん

拡張カード
USBカード
100BASE-TX Ethernetカード
ATA66カード ACARD AEC-6860M
こいつらはOS X付属のドライバで問題なく動作中。

USBオーディオインターフェース Griffin PowerWave
これもOS Xのドライバで動作。OS Xにしたらサンプリング周波数の上限が44.1kHzから48kHzまで上がった。でも、普段はFM放送の録音を取り込むので、32kHzで使う事が多いのだった (^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Panther on Gossamer

ベージュPowerMac G3 266DTにMac OS X 10.3をインストールした。使用感としてはMac OS 9.2.2よりも全体に軽快な感じ。ソフトによってはバージョンが大幅に上がり機能が増えた分重くなってしまったものもあるけど (^_^;)

うちのPowerMac G3のCPUはノーマルなG3 266MHz。RAM 768MB、HDDはACARDのATA66カードにつないだ120GBと60GB。PCIスロットにはUSBカードと100BASE-TXのLANカードも刺さっている。

60GB HDDは以前動作が怪しくなったので120GBと入れ替えたのだけど、異常の原因が被覆のはげた箇所がいくつもあるIDEケーブルにあるとわかってバックアップ用として現役復帰。今回は常用の120GBから60GBに全内容をコピーして120GBに8GBと残りの領域の2つのパーティションを作る。8GBがMac OS Xの起動用パーティション、残りの大きな領域がアプリーケションやデータ用。ATAカードにつないだHDDならベージュG3の8GBの壁が無いという噂もあるけど、安全第一で8GBのパーティションに導入してみる。

手持ちのOS XはJaguarのインストールCDとPantherのアップグレードCDなので、まずJaguarのインストール。ベージュG3はJaguarでも正式サポートされているのだけど、インストール中に何度かハングアップ(ディスプレイがブラックアウトして応答しなくなる)。Panther導入用に用意しておいたXPostFactoを使ってハングアップ後にむりやり起動ディスクを認識させてなんとかJaguarの導入を終える (^_^;) その後XPostFactoを使ってPantherをアップグレードインストールするが、こちらはトラブル無く無事終了。ただ、電原投入時にPCIバスのATA66カードのドライバが見つからないという感じのエラーメッセージが出て毎回Mac OS 9で起動してしまう。OS9が立ち上がったら普通に再起動すれば今度はMac OS Xで起動してくる。ちょっと不便だが、まあいいか (^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »