2020年1月31日 (金)

macOS 10.13.6 Security Update 2020-001

macOS 10.13.6 Security Update 2020-001をHigh Sierra Patcherを当てたMacにインストールしたのだが、背景が黒の更新画面でプログレスバーが止まってしまった。一晩置いてもプログレスバーはそれ以上進まず、ディスクのアクセス音もしないので電源を強制切断。一応普通に起動し、OSのビルド番号も更新されているので、アップデートはできているように見える。

Patchを当てている環境なので、スムーズに行かなくても仕方がない。動くだけ良しとしよう。

| | コメント (0)

2020年1月11日 (土)

PowerPointのセクション名入力

今までPowerPointのセクションを使っていなかったので気づかなかったのだが、セクション名の変更に癖があることがわかった。

IMEがオフの時(直接入力)ではセクション名の変更は普通の感覚でできる。IMEがオンの時は、すでに設定されているセクション名の文字列が選択状態の時にそのまま文字を入力して置き換えようとしても無視されてしまう。セクション名変更のパネル上では文字は置き換わるが、パネルを閉じても反映されないのがややこしいところ。
BackSpaceやDeleteキーで選択文字列を消去するか、選択状態を解除してから入力すれば反映される。

環境はWindows 10 1809 64bitとPowerPoint 365 1908 32bit。IMEはWindowsのMicrosoft IMEとGoogle IME。

| | コメント (0)

2019年12月21日 (土)

Windows 10でのIBM Notes 9.0.1の問題

IBM Notes 9.0.1のFP10を当てたものが調子が悪い。管理下にある4代のPCのうち1台は問題なく動作しているが、3台はちゃんと動かない。2台はカレンダーなどの表示ができないのだが、1台はNotesの起動にも失敗する。ただし、いずれも--basicオプションを付けてベーシックモードで起動すれば使える。

当ててあるFPのインストーラを実行するとFPのアンインストールができる。

1台はFP10のアンインストールがうまく行かず、Notesのプロファイルフォルダにあるworkplaceフォルダを削除してNotes 9.0.1ごとアンインストールした。このまま再インストールするのは不安なので、Program Files(x86)に残っているフォルダや、レジストリに残っているNotesの関連項目を削除、再起動してから再インストールした。こいつはFP9を当てようとすると失敗してしまい、FP9IF2でないと当てることができなかった。

別の1台は無事にFP10をアンインストールしてFP9IF2を当てることができた。念の為Notesのプロファイルフォルダにあるworkplaceフォルダを削除してから起動して、正常に動作していることを確認した。

残る1台はあまり使っていないのでいじっていない。非力なマシンなので、ベーシックモードで使えれば良しとしている。

| | コメント (0)

2019年12月13日 (金)

ユーザープロファイルが作成されないトラブル

Windows 10でユーザプロファイルが作成されないトラブルに遭遇した。元々存在したユーザだが、ハードウエア故障のためユーザーを全て削除して修理に出し、戻ってきたもの。その後、元のユーザでサインインしてもユーザプロファイルが正しく作成されなくなっていた。

そもそもは電源が入らないというトラブルが最初にあり、内蔵ディスプレイの接触不良も見られたため、おそらくハードウエアの動作が不安定なためレジストリの障害に至ったと思われる。

レジストリエディタを起動し、

HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Microsoft¥Windows NT¥CurrentVersion¥ProfileList

にある.bakがついたキーを探す。今回はメーカー修理に出した機体であり、ユーザーは一旦削除してあったことから、.bakがついたキーと.bakがついていない同名のキーの両方を削除してPCを再起動した。

その後問題があったユーザでサインインし、ユーザプロファイルフォルダが作成していることを確認した。

 


すでにあるユーザで問題が起こった場合は、次のページが参考になると思う。

https://itojisan.xyz/%E3%83%91%E3%82%BD%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%81%AE%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%96%E3%83%AB/windows%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB%E7%A0%B4%E6%90%8D%E3%81%AE%E5%8E%9F%E5%9B%A0%E3%81%A8%E4%BF%AE%E5%BE%A9/#i-3

リンク先が消えてしまったときのために、内容をメモしておく。

  1. 「.bak」の付いているキー名を右クリックし、「名前の変更」を選択します。名前末尾の「.bak」の文字列を削除し、変更します。
  2. 続いてキーの編集を行います。名前を変更したキーのウィンドウ右を確認し、「RefCount」を右クリック→「修正」→「値のデータ」に「0」を入力して「OK」をクリックします。(*もし「RefCount」の項目が存在しない場合は、キー名を右クリックして「新規」→「DWORD(32 bit値)」と選択し、名前を「RefCount」と入力して作成してください。)
  3. 続いて「State」の項目を探します。同じく右クリック→「修正」を選択し、「値のデータ」に「0」を入力して「OK」をクリックします。

| | コメント (0)

2019年11月30日 (土)

Dell ノートPCの不調

2年ぐらい使っているDellのノートPCが調子悪くなった。電源スイッチを押しても電源が入らないことがある、本体の外装のある場所に力を加えるとディスプレイにノイズが表示されるというもの。

電源がなかなか入らないときもあったのだが、本体のあちこちを押しているうちに接触の悪かったところが直ってしまったのか、症状が出なくなってしまった。

とりあえずメーカーに戻して修理をしてもらうことにしたのだが、メーカーでの修理時に症状は再現するのだろうか。

| | コメント (0)

2019年11月23日 (土)

iTunesのサウンドエンハンサー

普段はこの手のエフェクトはオフで使っているのだが、NAGAOKAの安価なBluetoothイヤホンの音があまりにしょぼかったのでiTunesのサウンドエンハンサーを使ってみた。最小から一目盛り右のところでちょうどいい感じ。本来の使い方とは違う気もするが、そのままでは音のアラが目立つ感じだったのがいい感じで聞けるようになった。

| | コメント (0)

2019年11月16日 (土)

macOS Catalinaへのアップグレード

MacBook Pro 15" 2017はCatalinaにアップグレード可能なのだが、32bitアプリが動かないとか、Audacityが使えないとか色々不都合があるので、テスト用の外部HDDのMojaveをアップグレードしてみた。

AppStoreからCatalinaのインストーラをダウンロード。Mojaveは10.14.0はフルサイズのインストーラだったが、10.14.1ではダウンロード・インストールプログラムだけのインストーラがダウンロードされるようになっていたのだが、Catalinaは10.15.1もフルサイズのインストーラがダウンロードされた。これをいつものコマンドでUSBメモリに書き込んでインストール用起動USBメモリを作製。

USBメモリから起動してUSB接続の外部HDDへインストール。特に問題はなく終了。

MacBook内臓の起動ディスクのアップデートをどうするか思案中。2年間Mojaveで過ごしてから後継バージョンへ上げることも検討している。

| | コメント (0)

2019年11月 9日 (土)

Ubuntu Studio 19.10へのアップグレード

MacBook Pro 13" 2009に入れてあるUbuntu Studio 19.04を19.10へアップグレードした。いつものように、今回もすんなり行かなかった。最近すんなりアップグレードできたことがないような気がする。

ソフトウエアの更新で19.10へのアップグレードがあると表示が出たので「アップグレード」のボタンをクリックしたが始まらない。

今はデュアルブートにしてあるMacの方で書いているので、コマンドを確認できなくてうろ覚えで書くのだが、

sudo apt-get update

sudo apt-get upgrade

でアップデートが保留されているパッケージが1つ見つかった。

sudo apt-get install パッケージ名

でそのパッケージをインストールし、ソフトウエアの更新の「アップグレード」ボタンからアップグレードができた。一応その後エラーは出なかったので、無事できた模様。

| | コメント (0)

2019年11月 2日 (土)

クラリスワークス4.0 for Windows

4月頃にWindows 10 1809上でクラリスワークス4.0 for Windowsが動かないと書いたのだが、解決したのでメモしておく。

どうやら更紗ゴシックと相性が悪かった模様。3/18リリースのv0.8.0でウエイトが増えたのだが、それ以前のバージョンの時代はクラリスワークスが立ち上がった記憶があるので、0.8.0以降がだめなのだろうと思う。

20年以上前のソフトだが、その当時の文書もあるので更紗ゴシックは捨ててクラリスワークスを取ることにした。

| | コメント (0)

2019年10月26日 (土)

Bluetoothイヤホンのちょっとした問題

NAGAOKA BT807という安価なBluetoothイヤホンを使っているときの問題。

 

iTunesで再生しているとき、曲の出だしでデータが1回だけ0.5秒程度の音飛びが発生することがある。別のBluetoothレシーバで接続するときはそんなことはなく、この機種でのみ発生する。AAC接続。Audio MIDI設定で設定を見ると32ビット浮動小数点48kHz。Audio MIDI設定で様子を見てからiTunesを使ったら、なぜか音飛びが減った。全くなくなったわけではない。

 

Audacityで再生すると、プツプツと音が途切れる。常時そうなると言ってもいいくらいで、こちらはAudio MIDI設定を触ってからも変化はない。

 

SBCで接続したら変わるかと思ったのだが、Bluetooth ExplorerでDisable AACにチェックしたらMacと接続できなくなった。Enable AACにチェックを入れたら元通り接続できた。

| | コメント (0)

«iTunesから消えるファイル